香料とは

香りと香料

私たちの住む地球には多くの香りに満ち溢れています。植物は香りで昆虫を誘ったり、動物たちも香りで種の保存を図ったりします。

人間も、食べ物の香りに食欲を刺激されたり、木々の香りで季節の移り変わりを感じたりと、香りからさまざまな刺激や情報を得ています。もし世界に香りがなかったら。私たちの生活はなんと味気ないものになることでしょう。人間の生活と香りは切っても切れない不可欠なものとなっています。

このサイトでは、「香り」という言葉と「香料」という言葉を意識的に使い分けることにしています。嗅覚を刺激する主に自然界に発生するにおいを「香り」、主に商業目的で製造販売される香気を持った有機化学物質またはそれらの集合体を「香料」としています。

イメージ

▲ページ上部へ戻る

フレーバーとフレグランス

香料とは、動植物および動植物から得られたものや、香気を有する化合物、またはそれらの混合物で、食品や化粧品などさまざまな製品に香気を与えるための物質のことです。香料は、花などの天然の香りの成分を圧搾、抽出、蒸留などによって採られる「天然香料」と、人工的に作られる香りのある物質「合成香料」とを素材として、いろいろの組み合わせで調合して創られます。香料の多くは揮発性の液体です。

主に食品に付与することを利用目的とした香料をフレーバー、化粧品やハウスホールド製品などに付与することを利用目的とした香料をフレグランスと呼びます。フレーバーは、加工食品の製造工程で失われた香りを補うなど、食品が本来持っている香りを追求・再現するのが一つの方向です。これに対してフレグランスは、香りが人々のイマジネーションを刺激したり、消費者の多彩なニーズに対応したりするために作られる創造の産物でもあります。

▲ページ上部へ戻る

香料とは